入れ歯・義歯

やむなく、抜歯された場合

様々な事情により歯がなくなってしまった場合、部分入れ歯や総入れ歯などを装着することになります。健康保険適応の場合は使用できる素材に制限がありますが、自費診療の場合は素材の制限がなくなり、さらにフィット感の良い入れ歯にすることが出来ます。また、バネのないノンクラスプデンチャーなど様々な入れ歯をご用意しております。
当歯科クリニックでは患者さんのご要望にそって、最適な入れ歯をお作りします。

食べる喜びのために

入れ歯は、歯を全て失ってしまった方のための最も一般的な治療法です。
たとえ歯を失ってしまっても、食事をする楽しみを失ってほしくない。お友達との会話を楽しんでほしい。そんな気持ちで、我々歯科医療者は入れ歯をつくります。
より快適にお使いいただけるよう、精密な入れ歯を作製いたします。

入れ歯の必要性

歯を失った場合、なるべく早めに入れ歯をいれる必要があります。
入れ歯をしていなかったり、入れ歯の調子が悪かったりすると、顎の骨まで退縮してしまいます。
見た目にも、入れ歯は大きくな影響を持ちます。入れ歯をいれることで、唇が張り、若々しくなります。
最近は、脳にも良い影響があると言われています。記憶や認知などに、入れ歯の有無は影響するようです。

義歯の種類

金属床~うすく・温度の伝わる入れ歯~

食事の温かさ・冷たさがわかる

入れ歯が上顎を大きく覆う部分を床と言います。床を金属にした入れ歯のことを金属床といいます。
金属は熱を通すので、食べ物の熱さ・冷たさもわかり、食事を楽しんでいただけます。
食べ物のあたたかさや冷たさが伝わらない、入れ歯が厚くて食べづらい、などお悩みではありませんか?
入れ歯にすることで、食事の楽しみが減ってしまうのはとても残念なことです。
食事を少しでも楽しんでいただきたい。そんな思いから生まれたのが、金属床です。

薄く快適・強さもアップ

床を金属にすることで、薄く強くすることが可能になりました。
舌の動きが楽になるので、発音しやすく日常生活がより快適になります。

においが気にならず、衛生的

においが付きづらく、衛生的にお使いいただけるのも金属の良い点です。
お口のにおいが気になる方などにもおすすめです。

材料

金属は使う材料によって、さらに様々な特徴があります。

コバルト・クロム合金
  • 丈夫で長持ちする
  • 純チタンより重い
純チタン
  • 体にやさしい
  • 軽い
  • 食べ物の味を損なわない
ゴールド
  • 精密につくれる
  • 体にやさしい
  • 食べ物の味を損なわない
  • コバルト・クロム合金よりも重い

お口の中の状況、ご希望によって、素材の選択をしていきます。

ノンクラスプ~やわらかくバネのない部分入れ歯~

見た目が気にならない自然な入れ歯

従来の部分入れ歯は、残った歯にバネを使って支えを求めていました。このバネのことをクラスプといいます。部分入れ歯を使用する際問題になるのが、バネが歯にかかることによる見た目の悪さです。
ノンクラスプデンチャーは、バネを使わず、入れ歯のピンクの部分をそのまま歯に引っ掛けることにより入れ歯の維持を可能にしたものです。バネを使わないため、自然な見た目で過ごしていただくことができます。

痛みもなく、快適

やわらかく、弾性のある特殊な樹脂を使用します。そのため、痛みはありません。入れ歯自体も軽くなるため、より快適に使っていただけます。薄くつけ心地が非常に良いです。やわらかいため、割れにくく壊れにくいのも特徴です。

残っている歯にやさしい

バネで歯にとめることをしないため、残った歯への負担がかかりません。残った歯を大事に使っていくという意味でも、ノンクラスプ義歯は優れています。

快適なお食事を

ノンクラスプ義歯の素材は、従来の素材よりも食べ物がつきにくく、食事の際の不自由が軽減されます。快適に食事を楽しんでいただけます。

こんな方におススメです

部分入れ歯を使うほとんどの方に使っていただけます。
金属のバネを使わないため、金属アレルギーの方には特におすすめです。

  • 金属アレルギーにお悩みの方
  • お出かけなどで、人に会う機会が多く見た目の気になる方

レジン床~はじめての方も安心 保険でつくれる入れ歯~

保険でつくれるピンクの入れ歯

レジン床とは、ピンクのレジン(プラスチック)でつくられた一般的な入れ歯です。保険でつくれ、入れ歯の調整や壊れた場合の修理が比較的簡単です。入れ歯を新しく作った当初は、どうしても違和感や粘膜にあたるところなどがでてきます。
レジン床の入れ歯は、修理・改良が簡単にできますので、こういったトラブルにも迅速に対応できます。

はじめての方も安心

入れ歯を入れたいけど、保険がきくものが良い。 はじめての入れ歯でしっかり使えるか心配などという方におすすめの入れ歯です。

初めて入れ歯を入れる方へ

入れ歯は貴方のお口に合わせて作られています。しかし、初めて入れた場合は違和感を感じることでしょう。大切なのは慣れと練習です。

入れ歯をはめる前に

初めて入れ歯をはめる際は水で一度濡らしてください。入れ歯のはめはずしは、丁寧にゆっくりとしてください。慣れると簡単にできるようになります。

初めての入れ歯

初めは違和感が出て、外したくなりますがまず、1日は我慢してください。代表的な症状として唾液が出やすくなる歯や歯ぐきが締め付けられるような感覚が出る話しにくい吐き気がでるなどがあります。
これらの症状は2~3日で消えていきます。しかし、強い痛みや症状が出るようであれば担当医までご連絡ください。
患者様が安心して使えるようになるまで、丁寧かつ根気よく調整を重ねてまいります。入れ歯は異物ですから馴れないのは当然ですし、不安だと思います。一緒にその不安を解消し、食べれる喜びを実感できるよう頑張りましょう。

定期健診においでください

お口の中の粘膜やあごの骨の形は日々微妙に変化していきます。入れ歯もそれに合わせて定期的な調整が必要です。
緩んでガタついた入れ歯は不便で見た目も悪いので年に3~4回は定期検査をお受けください。