診療について

アンチエイジング歯科

クリーニング・PMTC

お口の中にはバイ菌がいっぱい。虫歯や歯周病はすべてこのバイ菌によりひき起こされた感染症です。
特に歯と歯の間や、歯ぐきの中はバイ菌の絶好の棲み家です。特に時間の経過したみがき残しは、歯の表面にバイオフィルムを形成します。バイオフィルムと は、非常に強固なオブラートに包まれたバイ菌の塊です。一度形成されたバイオフィルムは除去するのが非常に困難です。
定期的にクリーニングとPMTC(クリニックで行う歯面研磨と予防)を行うことで、虫歯や歯周病になりにくいお口になります。

歯周病・再生療法

日本人の成人の80%がかかっているといわれる歯周病。歯周病は歯周病菌によりひきおこされます。進行した歯周病は口臭の原因になるばかりでなく、出血や 歯のグラグラの原因になります。そして最後は抜歯へと至る怖い病気です。さらに歯周病菌により心臓の病気や肺炎をひきおこすことが証明されています。特に 歯石の表面にはバイ菌がべっとり。まずは歯石の除去から始めましょう。
環境が整えば、失ってしまった骨を再生させることも可能です。ぜひご相談ください。

かみ合わせ

奥歯でしっかり噛めるということは素晴らしいことです。お食事もより楽しく召し上がれますし、脳の老化予防にもなります。
残念ながら抜歯に至ってしまっても、インプラントを用いることにより、ご自身の歯と同様にしっかり噛むことができます。また場合によっては、歯周病や欠損の拡大を防ぎます。

審美歯科

ホワイトニング

ホワイトニングは歯を削らずに歯を白くする技術です。白く輝く歯は、より美しい口もとと魅力的な笑顔を作ります。歯に関しては審美的に良好でない場合、健 康面でも良好ではない場合が多々あります。逆にいうと目的が審美回復でも、結果として健康回復になることが多々あります。

小児歯科

『お子さんの生涯に渡るお口の健康を考えたときに大切なことーーー
3才までに、定期的に歯科医院に通院する習慣をつけること、フッ素塗布する習慣をつけること、そして18才までにしっかりとした噛み合わせをつくることで す。私たちができることは、できる限り通院しやすくしてあげること。そして将来のお口の状況を予測した上で処置を行うことです。
お口の状況や成長のスピードはお子さんそれぞれ違います。当歯科クリニックでは小児歯科専門医がお子さんのお口の健康のお手伝いをいたします。小児期より 定期的に歯科に通院する習慣を作ることは、成人後も定期的なメインテナンスを受診する習慣付けになります。これによりお口の健康管理を一生涯にわたりしや すくなります。私たちは歯のこれからを守るお手伝いをしていきます』

咬合誘導

咬合誘導という言葉を耳にされたことがありますか?

これは一種の矯正治療で、乳歯期から大人の歯への交換期に行う治療です。現在のお口の状況から将来のお口の状況を予測し、早いうちから予防的に噛み 合わせを作っていく治療です。早い段階で治療を開始することにより、大掛かりな矯正治療をしなくてすんだり、矯正治療が必要になっても抜歯をしないですむ ことが期待できます。また指しゃぶりや、お話中やお食事中の舌の動きの癖が歯並びに悪影響を与えていることが多々あります。これを早期に改善していくこと も一種の咬合誘導と言えるでしょう。

何を守る?

治療の目標は当然、正しい歯並びを作ることです。これは生涯にわたり奥歯でしっかり噛めるような、噛み合わせを作っていくことです。そして特に守ら なければいけないものは、いわゆる『6歳臼歯』といって乳歯の奥に生えてくる歯です。この歯は人間の歯の中で最も大きく、最も力の強い歯です。この歯が虫 歯や歯周病にならず健康で、上下正しい位置でかみ合っていることは、お口の健康にとってきわめて大切です。まずはこの6歳臼歯を健康でいるように守って いってあげることが、お口の健康の予防につながります。

要注意!

いわゆる『受け口』、『出っ歯』、そして『開口(前歯が噛み合っていない)』は要注意です。すでに奥歯の負担が大きかったり、将来的に噛み合わせに 不調和をきたす可能性が非常に高い状態です。『すきっ歯』は経過観察で問題がない場合が多いのですが『乱ぐい歯』も要注意です。このように見た目が気にな る場合は、機能的にも奥歯に問題を出している(もしくは将来的に出す)可能性が高い状態です。気になったらまずは専門医に相談することをお勧めします。当 院では生涯を通じたお口の健康を保てるように、小児歯科、矯正歯科、噛み合わせそれぞれ各科の歯科医師が連携して、診療にあたっております。