当院のcovid19ウイルス対策の取り組み

手指・診療室の消毒について

従来よりアルコール系、塩素系の消毒液を十分に備蓄しております。

診療の前後で、素手ならびにグローブ装着後の手指にアルコール消毒を行なっています。また、診療の合間にも頻回行なっています。

診療台は患者様お一人ごとに治療終了後、塩素系の消毒液で周囲を全て清拭しております。

待合室も同様に自動ドアのボタンや化粧室のドアノブ、ソファの手すりなど、頻回清拭を行なっています。

使用器具の滅菌・消毒について

診療に使用する道具については、可能なものはディスポーザブルのものを使用し、それ以外は使用後全て、高圧蒸気滅菌ならびに薬液消毒を行なっています。また、滅菌・消毒が完了したのちは、専用の保存袋に入れた上で保管しております。

院内環境について

換気のために、待合室、診療室ともに窓を解放しています。そのため時間帯によっては肌寒く感じることがあるかもしれませんので、必要であれば上着をお持ちください。

また、従来女性には膝掛けを掛けさせていたいておりましたが、当面の間控えさせていただきます。

エアロゾル対策

極力エアロゾルの発生する診療は控えております。

もし発生する場合や、義歯の研磨など切削片が飛散するような場合は口腔外バキュームにより、強力に吸引させています。また、合わせて窓を解放し、換気を行なっています。

来院時のお願い

体調が十分ではない場合、2週間以内にコロナウィルス感染が疑われる方と接触した場合、1ヶ月以内に海外への渡航歴がある方と接触があった方は、来院をお控えください。ご不明な点があれば、お電話でご相談ください。体調についてお尋ねしております。その際には正確にお答えいただくよう、お願いいたします。

極力院内滞在時間が短くなるように配慮しています。それもあり、一時的に待合室の雑誌類は片付けております。

来院の際にはマスクを着用してお越しください。また、受付にてアルコール消毒をお願いししております。

診療開始時には洗口液でのうがいをお願いしています。これはすでに論文にて、有効であることが示唆されているためです。

お帰りの際にもアルコールにて消毒をお願いしています。