入れ歯_test

精密入れ歯治療と保険治療の違い
快適さと美しさを予防視点で作り上げます

美しさ

保険治療の入れ歯との一番の違いは素材が違う事があげられます。自然な歯や歯茎を再現できる素材を使うので自然な表情に見えるだけでなく口元の美しさを強調出来る入れ歯になります。

さらに、金属のばねを使わない入れ歯を使用する事でなので口を開いて笑う、話す時などに口元を気にする必要がなくなります。入れ歯である事を意識せずに毎日を楽しく過ごしていただけます。

快適さ

保険治療の入れ歯の場合、プラスチックの部分が厚く広くお口の中を覆うので「しゃべりづらい」「違和感がある」など不快な状態になる事がありますが、精密入れ歯では薄く製作する事が出来るので毎日を快適に過ごす事が出来ます。

特に金属床の入れ歯では暖かい物の伝導率がプラスチックよりもはるかに高いので、食事の時の違和感も大幅に軽減されます。

かみ合わせの精度

歯のかみ合わせは顎の複雑な動きの接点として非常に重要です。人口の歯となる入れ歯は緻密に調整する事でかみしめた時の違和感だけでなく、顎から全身のバランスに大きな影響があります。

精密入れ歯治療では、この調整に時間をかけ、お一人おひとりの感覚を何度も確認しながら作り上げるのです。

安心してかみ締められる事が、歯の骨を強くし、歯周病、認知症予防の効果に繋がります。

耐久性

保険治療の入れ歯に比べ、精密入れ歯治療は耐久性に優れていますが特にピンク色のプラスチック(保険)と薄い金属のフレーム(自費)では耐久性に大きな差があります。緻密に計算して制作した入れ歯がすぐに壊れたというお話をよく伺いますが耐久性を考慮しての制作も当院の入れ歯治療の特徴です。

入れ歯治療の流れ